なぜ借金お助け相談窓口は複数の借入がある方専用なのか

借金整理の手続きの料金体系は複雑になっているため、表向き費用が安いように見えても、実際は高くなってしまう事が多く、ほとんどの事務所がそうなるように料金を設定しています。

特に、複数の金融業者から借金がある人は手数料が高くなるようなケースが多いため、当弁護士事務所では「複数の金融業者の借金整理でも安くなるように」という目的で「2社以上からの借金がある方専用」としてご相談を受け付けています。

私たちは、複数の借入がある方専門の借金相談窓口です。

基本報酬後払いOK。初期費用0円で債務整理が始められます。

着手金や基本報酬など、借金整理の手続きに入る際に必要な費用も当事務所では分割払い可能になっています。
そのため、初期費用0円でも借金整理の手続きを始められますので、借金に悩んでいるけど、債務整理をするお金がないという方はまずご相談下さい。

即日取立てストップが可能です。

当事務所では専門の相談員がご相談を受け付けています。借金に関するご相談は何回でも無料ですので、お気軽にご相談下さい。
さらに、借金整理の手続きも受け付けていますので、お申込みいただければ最短即日で取立てをストップすることも可能ですので、お急ぎの方もご相談下さい。



借金お助け相談窓口で借金を整理するまでの流れ

私たちには、確かな実績があります。以下は、実際にあったご相談の事例です。


ご相談内容
主人に内緒で借り入れをしてしまいました。生活費は足りているのですが、ほしいものがあるとカードを使ってしまっていました。そうしているうちに、カード自体への支払いがかさんでいき、返済のためにキャッシングをするようになり、今はもう返済するのが難しいです。自分で借りたものは必ず返さないとは思っていますが、毎月の返済額がかさんで返済出来そうもありません。なにかいい方法はないでしょうか?

S.I様 20代 女性
静岡県 パート ご本人、ご主人
借入先 借入年数 借入額 月々の返済額
カード会社A 5年 キャッシング:8万円 ショッピング:20万円 3.3万円/月
カード会社B 3年 ショッピング:40万円 5万円/月
カード会社C 3年 キャッシング:5万円 ショッピング:25万円 1.8万円/月
消費者金融D社 3年 キャッシング:127万円 3.4万円/月

解決後に頂いたコメント
借入期間があまり長い訳ではないので、過払いなどでの減額はあまり見込めませんとは初めから言われていました。 たしかに、過払い金は出なかったのですが、月々の返済を5,5万円まで落として頂けました! もともと13万円も払っていたので、本当に楽になりました。 簡単な気持ちでカードを使った自分を恥じています。みなさまにも迷惑をかけてしまい。。 これからは、責任もって完済までしっかり払っていきたいと思います。ありがとうございました。

ご相談内容
自分の借金に加え、主人もそこそこ借金をしているため、毎月返済で収入がなくなってしまっています。 子供も大きくなれば教育費とかいろいろ必要になるかと思います。 ここら辺で自分の借金だけでもなくして、少しでも貯金もしたいと思います。 相談にのっていただけますか。

L.K様 40代 女性
大分県 会社員 ご本人、ご主人、お子様
借入先 借入年数 借入額 月々の返済額
A銀行 3年 50万円 3万円/月
B銀行 5~6年 20万円 2万円/月
カード会社C 6年 60万円 4.5万円/月
D信販 2年 150万 4万(車のローン)

解決後に頂いたコメント
D信販は車のローンで、車はどうしても生活する上で必要なので、整理の対象からは外して頂きました。 好きなところだけ整理できるとは知らなかったのでとても助かりました。 車のローン以外の3社の借金は130万ほどあり、整理することで月3万円まで交渉していただけました。 相談する前と比べるとかなり月の返済が楽になって、本当に良かったです。 主人と力を合わせて出来るだけ早く払い終わりたいと思っています。 お世話になりました。

ご相談内容
最近までは共働きで返済は問題なかったのですが、車が壊れた事で新たに車をローンで購入した事、会社の業績が悪くなり出勤日数が減ってしまった事で、毎月の返済が苦しくなってしまいました。
今の所滞納はないのですが、これからどうなってしまうのか分からず、今後の事が不安になり無料相談に申込みました。

S.Y様 30代 男性
北海道 建設業 奥様
借入先 借入年数 借入額 月々の返済額
カード会社A 10年 56万円 2万円/月

解決後に頂いたコメント
返済が苦しいから相談したんですが、実際計算してもらったら50万円の過払いが発生しているとの事であっという間に借金は減り、残りを一括返済できたので、借金が0になりました。
まさか、借金が0になるとは思ってもいなかったので、本当に相談してよかったです。

ご相談内容
仕事のストレスや買い物好きがこうじて、20代のころから消費者金融で借入をしたり、 カードでショッピングするようになりました。払っては借りての繰り返しでどうしていいかわからなくなりました。 今まではなんとか返せてきてたのですが、お給料が減ってしまい返済が遅れ気味になってきてしまいました。 払えなくなってしまったら、と考えると不安でしょうがないです。 こんな私でもなにか方法があれば、今の借金をどうにかしたいです。

Y.W様 30代 女性
宮城県 OL 未婚
借入先 借入年数 借入額 月々の返済額
カード会社A 5年 50万円 3万円/月
消費者金融B 8年 50万円 2.5万円/月
消費者金融C 7年 30万円 2万円/月
カード会社D 2年 20万 1.5万

解決後に頂いたコメント
誰にも相談できずにきてたので、誰かに話せたというだけで少し気持ちが楽になりました。
消費者金融B、Cから少しではありますが合計で20万ほどの過払い金が出て、少し借金を減らすことができました。 月の返済を任意整理によって3万円まで落とせたので、無駄遣いを今後しないようにすれば問題なく支払える金額です。 完済までしっかり頑張りたいと思います。

借金お助け相談窓口によくあるご質問

本当に家族にバレずに借金を整理することができるのでしょうか?

可能です。たとえば一人になれる時間を予め指定していただければその時間にお電話で対応することが可能です。
また、郵便物も局留めにしておき、お近くの郵便局に取りに行っていただくことで、誰にもバレずに対応することが可能になります。

2社の消費者金融から50万ずつ・合計100万ほどあります。金利は27.74%と29.2%です。借金を減らすいい方法はないでしょうか?

そもそも、未だに20%を超える金利で借入・返済を行っているのであれば、その利息は利息制限法の上限利率を超える利息ですので、その利息は”無効”です。つまり、返済する必要がありません。
また、既に返済してきた金利は取り返すことができます。結果として残っている借金と相殺することで、大幅に借金を減らすことができる可能性も高くあります。
他にも、交渉次第で月々の返済を軽くすることができたり、借金の総額を減らすことができたりと、様々な方法があります。

合計で5社から200万円を超える借金があります。私の場合どのぐらい借金が減りますか?

こちらは、「どのぐらいの期間、借入をしているか」などによっても変わってきます。 たとえば2005年以前から借入をしている場合には過払い金が発生しており、既に返さなくても良い借金をまだ返している可能性も高くあります。 返済期間が長ければ長いほど過払いをしている可能性は高くなりますし、減額も大きくなる可能性が高くなります。 また、交渉によって今後の利息をゼロにできる場合もあります。相談は無料で承っていますので、詳しい状況を教えていただけたらと思います。

返済を忘れてしまい、一括で支払いをしなければならないと言われてしまいました。 分割払いは出来ないのでしょうか?

これは放置しておくと、給料を差し押さえられてしまうこともありますので、危険な状態といえるかもしれません。 少し難しい問題ですが、交渉次第でなんとか回避することができるかもしれません。

私は8年くらい前に借金を全て完済しました。それでも過払い金はあるのでしょうか?

かなり高い確率で、過払い金があると思われます。
2005年以前からの借入であれば、かなり高い確率で過払い金が発生しています。というのも、消費者金融が金利を引き下げたのはここ数年のことで、それ以前の借入は「返さなくてもいいはずの金利」で借りていた可能性が高いからです。
過払い金があるということは、完済していてもいなくても関係なく返金してもらうことができます。数十万円から数百万円に上ることもありますので、一度調べてみると良いでしょう。

過払い金を請求したいのですが、そもそも過払い金があるかどうかもわかりません。計算だけでもお願いできますか?

過払い金の計算はとても複雑で、実際に個人の方が計算すると言うのは不可能に近い部分もあります。また、当時の契約書などがなくなっている場合も多く、ますます難しいのではないでしょうか。
また、過払い金の請求を個人で行うと、業者との交渉でかなり不利な立場に追い込まれることがあります。専門家を通していただいた方が最終的に有利な結果に落ち着くケースがほとんどです。 私たちは、過払い金の計算だけでも実施することが可能です。

武富士が倒産したと聞きましたが、過払い金はもう取り返せないのでしょうか。

完全に取り返せないわけではありませんが、少し難しいと考えていただいた方がいいかもしれません。
もっとも、武富士以外での借り入れがあった場合、そちらの過払い金を早めに取り返されることをお勧めいたします。というのも、武富士以外の消費者金融業者も経営が苦しくなっていることは事実です。破たんが相次ぐと、取り返せる過払い金の総額もどんどん減ってしまいます。

父と母が、消費者金融から100万円を超える借金をしています。本人以外でも相談は可能でしょうか?

可能です。
最終的なご依頼を受ける段階で、ご本人とお話させていただければ、問題ありません。初回の相談はご本人以外でも承っていますので、お気軽にご連絡ください。

万が一、借金整理を行った場合、借金整理のメリット、デメリットはなんですか?

借金整理にも色々な方法があり、その方法によってメリット、デメリットは変わってきます。そのほかにも人それぞれの状況によって変わってきます。相談は無料で承っていますので、気軽にご連絡いただけたらと思います。
ここでは簡単なメリット、デメリットをご紹介致します。

■メリット
大幅に借金返済額を減らす。
借金が減額したことにより、精神的負担が少なくなる。
取立てを最短即日でストップできる。


■デメリット
ブラックリストにのってしまう(強制的にお金が借りられなくなる)。

借金整理は自動車ローン、住宅ローン、クレジットカード、カードローン、キャッシング、融資でも可能でしょうか?

はい、可能です。
自動車ローンなど生活に必要なものは避けて借金整理することも可能です。

借金整理をするとブラックリストにのりますか?

過払い金請求の場合は、ブラックにならないような対応も可能です。 特に、現在も借金が残っている方の場合、法律事務所によっては過払い金の処理の結果ブラックになってしまうことが多くあります。
当事務所ではまず過払い計算をお引き受けしております。その結果を見て過払い請求をするかどうかの判断することで、 ブラックにならずに済みます。

借金に関するカードや契約書、領収書を紛失してしまったのですが、それでも大丈夫でしょうか?

カードや契約書、領収書などを紛失してしまった場合、過払い金額の計算や業者への請求が難しくなります。もちろん、金額の証明は難しくなることになります。
しかし当事務所は、こうした何の手掛かりもない状況でも請求者のお名前さえわかれば、なんとかたどっていくことが可能です。相談は無料で承っていますので、詳しい状況を教えていただけたらと思います。






お名前
(フルネームでなくても大丈夫です)
年齢
電話番号(携帯可)
例)0901111111 ハイフン不要
メールアドレス(携帯可)
ご希望の連絡時間帯

借入件数
(過去の借入件数も含む)

お住まいの都道府県
ご相談内容
(該当するものを以下から選択してください。※複数可)












ご相談内容
※ご相談可能な日時など自由記入欄(空欄でも可)


借金お助け相談窓口の無料相談以降の流れ



プライバシーポリシー

「借金お助け相談窓口」(以下「当サイト」といいます)は、ウェブサイトのご利用者(以下「お客様」とします)のプライバシーを尊重し、個人情報の保護に関する法令を遵守するとともにお客さまの個人情報の保護に努めます。

個人情報の利用目的について

当サイトは、個人情報に関する法令およびその他の規範を遵守し、お客さまの大切な個人情報の保護に万全を尽くします。
お客様の個人情報をお客様に当団体のサービスをご提供する目的において利用いたします。それ以外の目的で利用する場合には、あらかじめその利用目的を明確にし、それ以外の目的で利用することはありません。

第三者への提供について

個人情報を適切に保護し、個人情報保護法その他の法令等により認められた場合を除き、
個人識別が可能な状態で同意なく第三者に開示、提供することはありません。

個人情報の変更・訂正・削除について

当サイトは、個人情報の開示および変更・訂正・削除などのご依頼があった場合、
そのご依頼をされた方がお客様ご本人であることが確認できた場合のみ、適切な方法で対応いたします。

アクセスログの収集について

当サイトは、お客様がお使いのコンピュータのハードウエアおよびソフトウエア情報を収集することがあります。
この情報には、IPアドレス、ブラウザの種類、ドメイン名、アクセス時間、および参照されるウェブサイトのURL等が含まれます。当社はこれらの情報を不正アクセスの監視、セキュリティやサービス品質の向上、分析を行うための一般的な統計情報として利用するものであり、個人情報の特定はしていません。

クッキーとは?

クッキーとは、ウェブページを利用したときに、ブラウザとサーバーとの間で送受信した利用履歴や入力内容などを、お客様のコンピュータにファイルとして保存しておく仕組みです。次回、同じページにアクセスすると、クッキーの情報を使って、ページの運営者はお客様ごとに表示を変えたりすることができます。お客様がブラウザの設定でクッキーの送受信を許可している場合、ウェブサイトは、ユーザーのブラウザからクッキーを取得できます。なお、お客様のブラウザは、プライバシー保護のため、そのウェブサイトのサーバーが送受信したクッキーのみを送信します。

クッキーの設定について

・お客様は、クッキーの送受信に関する設定を「すべてのクッキーを許可する」、「すべてのクッキーを拒否する」、「クッキーを受信したらユーザーに通知する」などから選択できます。設定方法は、ブラウザにより異なります。クッキーに関する設定方法は、お使いのブラウザの「ヘルプ」メニューでご確認ください。 ・すべてのクッキーを拒否する設定を選択されますと、認証が必要なサービスを受けられなくなる等、インターネット上の各種サービスの利用上、 制約を受ける場合がありますのでご注意ください。

当サイトがクッキーを使用して行っていること

以下の目的のため、当サイトはクッキーを利用しています。 ・お客様が認証サービスにログインされるとき、保存されているお客様の登録情報を参照して、お客様ごとにカスタマイズされたサービスを提供できるようにするため ・お客様が興味を持っている内容や、当サイト上での利用状況をもとに、最も適切な広告を他社サイト上で表示するため ・当サイトの利用者数やトラフィックを調査するため ・当サイトのサービスを改善するため ・セキュリティー保持のため、ご利用から一定の時間が経過したお客様に対してパスワードの再入力(再認証)を促すため なお、当サイトは、当サイトの広告の配信を委託するYahoo! JAPANへの委託に基づき、 Yahoo! JAPANを経由して、当サイトのクッキーを保存し、参照する場合があります。

当該第三者によって取得されたクッキー情報等は、当該第三者のプライバシーポリシーに従って取り扱われます。
ユーザーは、当該第三者のウェブサイト内に設けられたオプトアウトページにアクセスして、当該第三者によるクッキー情報等を利用する広告配信を停止することができます。